Mac OS X内のディスクを視覚的に見る

Job
スポンサーリンク

Macに色々なファイルを保存しているといつの間にか空き容量が少なくなっていることがあります。特に私の場合、動画作成等でmovやmp4・mpegのファイルが沢山ありディスクがすぐに満タンになってしまいます。気づいた時には外付けHDDに保存しているんですが、それでも追いつきません。そこでディスク内を視覚的に見れて、圧迫しているファイルを削除もしくは外付けHDDへ移動させることにしました。その際に使用したのが、GrandPerspective

GrandPerspectiveをインストール後、スキャンを開始します。スキャンが開始されると「スキャン中」という表示の画面が出ます。スキャンが終了すると下記のような画面が出ます。

scan

大きく表示されている部分はディスク内の容量を沢山使用しているファイルです。上にナビゲーションにある「開く」「表示」「削除」から直接ファイルを操作することができます。(削除は設定しておかないと初期設定では操作できません。)

このGrandPerspectiveを使えば視覚的にファイルの移動や削除ができるので効率的に作業できると思います。